世界の不動産投資市場研究[入門編]

「グローバル不動産経済」を学ぶ

ごあんない 《ローカル不動産投資市場を大きく左右する「グローバル不動産経済」》
 国境を越えたグローバルマネーが日本のローカルな不動産投資市場にも流入するなか、
 「米国の商業用不動産市場・住宅用不動産市場の現況」や
 「アジア・欧州における不動産投資市場の期待とリスク」など、
 マクロ経済と不動産との“関係”や“流れ”を深く理解するためには、
 海外メディアの報道を“複眼的”に読み解くことが不可欠である!
 
 ローカルな不動産市場にもグローバルな投資マネーが流入する現在、日本の不動産事業者も世界の経済・投資動向にも目を向けなければなりません。
 政府系ファンド(SWF)や大規模な年金基金、世界有数のヘッジファンドやプライベート・エクイティ(PE)など、世界には数多の「国境を自由に飛び越える巨大な投資マネー」が存在しており、それらの運用資金は膨大であるだけに、アセット・アロケーションを僅かばかり振り向けただけでも、日本の不動産投資市場へのインパクトは大きく、その動向には目が離せません。
 しかし、グローバルな情報収集を系統立てて行なうには海外メディアの報道を活用することが最有効ですが、海外報道を日常的に追えたとしても、表層的な情報ばかりに目が奪われ、その本質的な背景や潮流を読み解くことは容易なことではありません。
 本セミナーは、かつて三井不動産㈱にて海外の不動産経済情報を社内向けに定期的にレポート発信して好評を博していた海外不動産経済レクチャラーを講師にお招きし、「グローバル不動産経済」の基礎知識、ならびに昨今注目すべきトピックスの解説を通して「複眼的」な情報収集のあり方を示します。
 日本ではあまり知られていない重要事項や海外から見た日本マーケットに関する報道など、不動産投資・開発・仲介ビジネスに携わるプレーヤーが押さえておくべき情報を分かりやすく解説いたします。
講座内容 I. グローバル不動産経済の理解と分析のための基本知識
 ●なぜ、「グローバル不動産経済」の視点が必要なのか
 ●世界の不動産市場の概括
  ・アメリカの商業用不動産市場:世界で最も重厚な商業不動産市場
  ・アメリカの住宅用不動産市場:充実した各種の指標と経済との関連
  ・中国・アジアの不動産市場:「期待の大きさ」と「測りかねるリスク」
  ・ヨーロッパの不動産市場:イギリス・ユーロ圏・PIIGS・CEE(中・東欧)
 ●プライベート・エクイティ(PE)の動向
  ・誕生から最盛期、そしてIPOのタイミングで命運が分かれた現在
  ・日本で突出したプレゼンスを保持していたPE準大手のサーベラス
 ●ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF=政府系ファンド)の動向
  ・社会経済学者が「発見」したSWFという新しい投資主体群
  ・世界の主要SWFと、それぞれが有する異なる特性
  ・日本の不動産に対する世界のSWFによる投資の可能性
 ●アメリカの不動産証券化(MBS)の発達と破綻

II. グローバル不動産経済に関わる最近のトピックス解説
 ●グローバル不動産市場にインパクトを与える最重要項目
  ・世界各地で高騰する大都市の住宅価格
  ・一戸数十億円と言う超高額マンション売買が日常茶飯で起きているマンハッタン
  ・中国国外での活動が目立つ中国企業は・・・復星集団/大連万達/保険会社群
 ●その他の見逃せない重要トピックス
  ・GEリアルエステートが日本を含む世界中で保有するすべての不動産を売却
  ・不動産ビジネスでも著しく存在感を増す米ファンド大手ブラックストーン
  ・順調な一方、行き過ぎも見られる? アメリカのオフィス市場
  ・SCリートのサイモンプロパティーズがメイスリッチに仕掛けたM&Aは失敗
  ・アメリカで注目される「ミレニアム世代」とその住宅取得
  ・上海や深等の巨大都市は住宅市場が回復するも、中小都市は冷えびえ
  ・元切り下げが中国のデベロッパーに直接与える影響
  ・中国のデベ準大手・佳兆業、外貨建て債券のデフォルトで一騒ぎ
  ・ハイローラーの激減で苦しむマカオで、それでも相次ぐ大型カジノの新規建設
  ・シンガポールの住宅市場はかつてない長期下落
  ・高騰するオーストラリアの住宅と、政治問題化した中国人による購入
  ・一時の上昇の勢いが完全に消えたロンドンの超高級住宅市場
  ・あり余る資金を不動産に振り向けつつあるノルウェーのSWF

III. 質疑応答
 *セミナー当日には、上記項目以外の最新トピックスも組み込んでまいります。
講 師
ジャパン・トランスナショナル 代表
海外不動産経済レクチャラー
元・三井不動産株式会社 企画調査部 企画グループ 参与
坪田 清 氏

≪プロフィール≫
1976年東京大学工学部都市工学科卒業後、三井不動産㈱に入社。 93年同社S&E研究所に勤務して以来、一貫してグローバル不動産経済の動向調査や、海外からの視点による日本の不動産・政治経済に対する論調調査・分析に従事。99年に三井不動産の企画調査部に勤務以降は、海外での各種トピックスや分析等を集約し、三井不動産社内の関係各部署の多数に向けて情報発信を続けて好評を博す。また、三井業際研究所において各種委員を歴任。2014年6月、三井不動産退職を機にジャパン・トランスナショナルを起業。会員制の「グローバル不動産経済研究会」を主宰し、情報提供サービスや各種の不動産サービスを提供。
日程 2015年11月11日(水)
時間 13:30~17:00
※15時前後に15分間のコーヒーブレイクの他、随時休憩を挟み進行いたします。
定員 30名
場所 東京ガーデンパレス
東京都文京区湯島1-7-5【地図
【交通アクセス】
・JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口(東京駅寄りの改札)より徒歩5分
・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩5分
・東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩8分
受講料 41,040円(1名様につき)
(消費税および地方消費税 3,040円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき)
 (消費税および地方消費税 2,880円含む)
※テキスト、コーヒー代を含む。
お問合せ 綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

受講申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。