メモリア流マーケティング手法から学ぶ 葬祭ランチェスター戦略実践入門

創業15年で売上ゼロから20億円規模に!
メモリアグループ(岐阜)が実証する成長理論

ごあんない 『月刊フューネラルビジネス』に好評連載中のマーケティング講座を実体験!
 
中小規模の“地域密着型”専門葬儀社がさらなる成長に向けて学んでおくべき「マーケティング戦略・戦術」の基礎とは?!
 
事前アンケートで現在の経営課題を募集。
ランチェスター戦略の視点で対策の方向性を探ります!

中小葬儀社が成長の壁を越えられないのは、「営業戦略」のノウハウが確立していないからだ!
「自社」「競合」「地域シェア」の関係理解をスタートに、
現状に合った採るべきマーケティング活動を選択、具体的な戦略までを考える!

 
 全国的な葬儀の小規模化の流れのなか、大手や新規参入との競合、一部で展開されている低価格路線など、地域の中小葬儀社を取り巻く経営環境はこれからも厳しいものと予想されます。廃業や経営譲渡といった動きが全国各地でみられるなか、地域密着型で企業成長を続けるためには、的確な事業環境の分析の下、自社にマッチした一貫性ある営業戦略を徹底し、活動の成果を最大限にさせることが重要です。
 こうした状況下、2000年の創業以降15年間で売上20億円規模を実現し、地域ナンバーワン企業となったメモリア(岐阜県大垣市)は、産業界で多くの企業が実践し、売上を伸ばしてきたランチェスター戦略の手法を営業戦略に取り入れることにより、急成長を実現しました。本講座は同社の最高幹部陣を講師に迎え、葬祭業におけるランチェスター戦略の実践方法について、実際の自社の現状に当てはめて考えるワークを取り入れ、代表ケースについて時に講師からのアドバイスをもらいながら進行する入門編として開催いたします。
 中小規模での成長を続ける葬祭企業の方は、営業戦略などと言っている暇はない、と思われるかもしれません。しかし5年後、10年後にも生き残るためには、早い時期から産業界の競争戦略を学び、自社のマーケティング活動の質や成果を高めていく必要があります。ランチェスター戦略という言葉を初めて聞き、学んでみたいという方をはじめ、理論は知っているが葬儀社のマーケティング活動への当てはめ方を知りたいという方、現在進めている自社の営業戦略をメモリア流のランチェスター戦略で確認したいという方など、この機会にぜひともご参加ください。

講座内容 1. 葬祭業にマッチする「ランチェスター戦略」の視点
 ①ランチェスター戦略とは、葬儀社にとってのランチェスター戦略とは
  ~「地域密着」が基本だからこそハマる、ランチェスターの法則
 ② 葬儀社にとってのランチェスター戦略の意義
  ~たった1件の顧客流出が与える影響は常に2倍
 ③ 大手もやっている!? ランチェスター戦略の代表的セオリー
 ④ 経営の構成要素が将来性・利益に与える影響
  ~中小規模の葬祭事業者が最重要としなくてはならない分野とは

2. 地域密着型の自社が戦う地域を決める「エリア戦略」
  ~葬儀社における「一点集中」の応用
 ①「勝てない相手と戦わない」は戦略の鉄則
  【実習1】自社商圏のエリア分析(捨てるエリアを見極める)
 ② 捨てることと、シェアナンバーワンの関係とは
  ~ランチェスター戦略が考える“ナンバーワン”の条件

3. 「競合」と「戦い方」の選定。商圏内のどの競合からお客様をいただくか
  ~葬儀社における「強者の戦略」「弱者の戦略」
 ① 目標とする競合3つの分類(「将来目標」「競争目標」「攻撃目標」)
 ②「強者」とは、「弱者」とは。
   ランチェスター戦略における定義とそれぞれの戦略
 ③ 基本は下位との差を引き離すこと。その戦い方は「足下の敵攻撃」
 ④ それでもシェアの高い競合と戦わなければならない場合
  ~弱者の戦略は顧客目線での自問から
  【実習2】「差別化」「一点集中」「局地戦」の選択と、
        顧客獲得手法一覧からつくる「接近戦」「一騎打ち」実施計画
 ⑤ 選択した戦略をチラシや広告に反映させていく方法

4. 年間スケジュールの検討と成果の確認
  ~「シェア」の把握と分析
 ① 実施計画を100%遂行するために経営者がなすべきこと
 ② 「当月シェア」「累計シェア」「Zチャート」が意味するもの

5. まとめ・質疑応答
講 師
(株)メモリアホールディングス 
代表取締役会長
松岡 泰正 氏

≪プロフィール≫
1964(昭和40)年生まれ。国立岐阜工業高等専門学校を20歳で卒業し、両親の営む浄化槽メンテナンス会社に入社する。23歳の時に初体験のピンポン営業で営業職に目覚め、わずか一年で3,300件以上という驚異的な契約数を達成する。この営業経験から、お客様が勝手に契約を求めてくる自動顧客獲得システムや、手順通りに話せば100%購入して頂ける100%セールス法などの独特のマーケティング手法を開発し、98.5%という同社の高いシェアの獲得に至る。
2000年に新規事業として葬儀会社をゼロから立ち上げ、わずか十数年で20億円企業に育て上げた。昨年からはプロ経営者に経営を任せ更なる拡大を目指す。戦略やマーケティング、会計などの研究と実践により独自の経営論を構築する。現在は複数の会社と団体の経営に携わっており、全グループの総売上は35億円、社員数は300名以上となっている。心理学や脳科学にも精通しており、日本でも数少ない全米NLP協会認定のトレーナーでもある。著書に『夫婦で語り合うわたしのお葬式』((株)エル書房刊)がある。
◆主な経歴
 ●全米NLP協会認定トレーナー
 ●日本ランチェスター協会認定インストラクター
 ●日本ドラッカー協会会員
◆主な実績
 ●売上1.6億円で赤字危機にあった会社を1年で売上2.3億円に、 5年後には3.5億円の企業へと変貌させる
 ●一年で月間売上を前年比180%に引き上げ、念願の本社移転を実現させる
 ●受注件数を対前年128%にアップ、また一件単価を3か月で120%にアップ
 ●買収先、顧問先の企業が一年でV字回復
講 師
(株)メモリアホールディングス
マーケティング担当執行役員
小島 栄介 氏

≪プロフィール≫
1975年生まれ。大学卒業後、広告代理店でマーケティングから広告実務までを経験。とくにダイレクトマーケティングを追求するなかで、岐阜県の専門葬儀社・メモリア会長の松岡泰正氏と出会い、理想のマーケティングを実践する同社とその理念に惹かれ現職に就く。
数値をもとにした地域戦略、集客戦略を得意分野とし、現在は同社のコンサル事業の担当者として、葬祭業界の志ある仲間に、いますぐにできる集客の仕掛けを提供する仕事も増えてきている。現在、『月刊フューネラルビジネス』において、「百発百中! 小が大に勝つ! 葬儀社のための実践ランチェスター戦略」を連載中。
日程 2015年11月10日(火)
時間 13:00~17:00
※途中休憩を取りながら進めてまいります。
定員 30名
場所 都市センターホテル
東京都千代田区平河町2-4-1【地図
【交通アクセス】
・東京メトロ 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」
4番・5番出口より徒歩4分、9b番出口より徒歩3分
※「永田町駅」からのアクセスは、5番出口方面の先にある9b出口が便利です。
ホテル前のプリンス通りに出られます。
・東京メトロ 有楽町線「麹町駅」半蔵門方面1番出口より徒歩4分
・東京メトロ 丸の内線・銀座線、「赤坂見附駅」D出口より徒歩8分
・JR中央線「四谷駅」麹町出口より徒歩14分
受講料 41,040円(1名様につき)
(消費税および地方消費税 3,040円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき)
 (消費税および地方消費税 2,880円含む)
※テキスト、コーヒー代を含む。

※同業の研修企業など、主催者または講師の都合により参加をお断りする場合がございます。
 あしからずご了承ください。

お問合せ 綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

受講申込みフォーム

このセミナーの予約は終了しました。